シングルマザーが抱える再婚への悩み

投稿者: | 2017年5月25日

シングルマザーとして頑張っている女性の中にはいつかは再婚をしたいと考えている女性も少なくないのではないでしょうか。もちろんずっとシングルマザーとしてやっていくのが間違っているというわけではありません。ただシングルマザーは恋愛をしている時間もないという女性も多いハズ。ではどうしたらいいのでしょうか。

私自身、再婚については色々と考えます。そしてネットで調べたり友人の元シングルマザーに聞いたりもしました。人それぞれ婚期だったり相手の仕事や状況だったりは色々ではありますが多くの人が言うのは子供の年齢についてでした。

子供が「小中学生」の場合は色々な問題が出てくるといいます。簡単に言えば多感な時期ということ。あくまでも統計の話になりますが、3歳くらいまでであればうまくいくと言われています。それはなぜなのか。子供が幼い場合は「パパが欲しい」という思いが強いため、新しいお父さんも自分の子供が可愛いと思ってくれて相思相愛となる、こういうことになります。

では高校生以上であっても上手くいくというデータはどういう根拠からなのか。それはお互いもう大人の考えを持っているということで理解し合えるということになります。

こういうデータや話があったとしても「子供が大きくなるまで待てない」という状況の方もいらっしゃると思います。そういう方はどうしたらいいのか。

子供が小中学生であったとしてもどういう考えであるかは子供によって違います。ただ「多感な時期」というのはほぼ間違いありません。新しいお父さんをすぐに受け入れられないという子供もいれば意外とすんなり受け入れてくれる子供もいます。

もし子供が新しいお父さんをすぐに受け入れることが出来ない場合は正直苦労するかもしれません。そうなってしまった場合はある程度時間の経過が必要になると言われています。無理に分からそうとするのではなく、子供が理解できるようになるのを待つことを最優先することがベストと考えられています。

では実際に再婚することがある程度決まって「子供に話をするタイミング」というのはどうすればいいのか。これに関してはお付き合いを始めてから数ヶ月くらいで話すのがベストと考えられています。つまり結婚が決まってから話すのではなく、付き合った直後ということになります。内緒にされていた期間が長ければ長いほど子供の信用を無くすことにも繋がります

色々と理屈っぽく書いてしまいましたが、離婚も再婚も大人の都合です。子供は巻き込まれている存在というのを忘れずに、子供の気持ちを一番に考えて決めていくべき事なのかなと思います。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です