【子供との時間が嫌なわけじゃない】自分の時間を作れない毎日

投稿者: | 2017年5月31日

シングルマザーとして子育てをしながら仕事もする。もちろん家事もする。自分の時間というのは現在ほとんどないような状態。こういうシングルマザーの方も少なくないと思います。ではどのようにして自分の時間を作り、息抜きをすればいいのか、ちょっと書き出して整理していきたいと思います。

まず1日のスケジュールを書き出すことから始めます。朝何時に起きて自分と子供の朝食を作る。ざっと片付けをして子供を保育園に連れていく。そのまま会社に移動。夕方に仕事を終えて子供を迎えにいく。帰ったら晩御飯の準備と簡単な掃除。子供と一緒に晩御飯を食べ片付ける。子供と遊ぶ。そして子供をお風呂に入れて歯磨きをさせて寝かしつける。そこから副業を開始する

ざっくりではありますが私の平日のスケジュールはこんな感じ。これだけを見ていると自分の時間はありません。わずかにある夜の時間も副業に使っています。ふと我に返ると「私頑張りすぎてない?」って自問自答をすることがあります。では今後自分の心身のことも考えて自分の時間を作るにはどうしたらいいのかを考えていきたいと思います。

まず本業である会社に働きにいっている時間」を減らすという選択。これについてはダイレクトに収入が減ることに繋がります。出来れば避けたいところですが収入のダウンを副業でカバーすることができれば問題ありません

実際に限られた時間で減らすことができる時間といえば睡眠時間。個人的には最低でも5時間は寝ときたいですし、睡眠時間を必要以上に減らしてしまって倒れてしまっては本末転倒です。ですので睡眠時間は必要以上に減らさないようにしましょう

あとは僅かな時間ではありますが家事の効率化です。ご飯を作るのに何時間もかかっていては少ない時間が更になくなってしまします。家事能力の向上は意外と時間の節約につながってきます。私の場合はとにかく「炊飯器」と「オーブンレンジ」を駆使して時短に取り組んでいます。掃除機をかける時間や回数を減らす工夫もしています。部屋がそんなに広いわけではないことで成立しているのかもしれませんが「モップ一体型スリッパ」で掃除機をかける回数や時間はかなり減りました。

色々と書いてきましたがやはりまとまった自由の時間を作るとなると「仕事の時間を減らす」というのは一番現実的であることがわかります。また仕事が終わってすぐに子供を迎いにいくのではなく、1時間でも余計に預かってもらってその時間を自分の時間にするというのも不可能ではないと思います。

1日24時間という限られた時間を大切にするために、保育園や副業を活用することも考えながらちょっとした空き時間を色々なところで作り、自分の時間を少しでも増やしましょう。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です