【シングルマザーあるある~その②~】実家や団地に住みがち

投稿者: | 2017年6月13日

シングルマザーあるあるシリーズをちょっと続けようと思います。前回は「子供がしっかり者に育つ」というテーマでしたが今回はシングルマザーの家庭は実家や団地に住みがちというテーマ。これは実際に私だったりシングルマザーの友達が周りから「そういうイメージ」と言われた経緯もありますし、ネットなどでの書き込みがあったので今回はそういうテーマにしました。

まず実際にはどうなのか。確かに私の周りにいるシングルマザーの友達にも実家住まいだったり団地住まいの親子はいます。その友達に聞くと一番の理由は「家賃が安いということ。また家賃の割に部屋が広いというメリットもあるそうです。しかも近くに色々な施設、例えばコンビニやクリーニング屋、スーパーなどがある場合が多いらしくかなりお勧めしてくれます。

もちろん逆にデメリットもあります。団地は築年数が経っているというのが一般的であってエレベーターがなかったり近所付き合いが多かったり(これはメリットがデメリットかは人それぞれですが…)お隣さんの生活音がうるさかったりと…。ただやはり家賃の安さや生活のしやすさには変えられないというのが実情だといいます。

では実家ぐらしはどうなのか。実家のご両親が一緒に住んでもいいと言ってくれているのであればそこは甘えても全然いいと思います。まず家賃は必要ありません(生活費をご両親に渡すのであればもちろん別)。何よりもご両親と子育てをすることができます。父親がいない分、おじいちゃんおばあちゃんの愛情を直に受けることができます。これは子供の成長にとってもかなり重要な影響を与えてくれるでしょう。個人的にはもし実家に頼れる可能性があるのであればまずは相談することをお勧めします。

では私の家庭の話もします。私の場合は一般の賃貸住宅に住んでいます。といいますのも私の両親が住んでいる場所の近くに住むことで何かあった時にお願い出来るということ、両親の家の近くに団地がない。そんな理由です。私の場合は仕事もしていますし副業もしていますのでとりあえず最低限の生活は出来ています。子供も基本的には保育園に預けていますが何かあったときには親にお願いすることがあります。子供も私の両親が大好きなので今のところ何も問題はありません。

それぞれの家庭事情があると思いますがもしお子様が2人以上いるシングルマザーのご家庭であったりしてある程度の部屋数が必要、でも生活がキツイという場合は団地を選ぶ、ご両親を頼れるなら一度相談をしてみるなど、ケース・バイ・ケースで最善の選択をするようにしましょう!

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です