【毎月】シングルマザーが貯めるべき貯金額

投稿者: | 2017年6月21日

母子家庭となって貯金の大切さを感じているお母さんも少なくないと思います。もちろん私自身、シングルマザーとなった時に自分には貯金がほとんどなかったこともあり将来が真っ暗になった記憶があります。では一般的にいくらくらいの貯金をしておくべきなのかを調べたので簡単に書いていきます。

まず両親が揃っている一般的な家庭では30代の両親の場合「550万円~650万円と言われています。この金額を見て「凄い」と感じるか「大したことない」と感じるかは人それぞれかとは思いますが少なくとも私は凄いなぁと思ってしまいました。

では母子家庭の平均貯金額はいくらくらいなのか。これはこれで驚きなのですが「70万円…え?両親が揃ってる揃ってないだけでこんなに違うの!?と思いました。しかもこれはあくまでも平均の貯金額となります。もちろんもっと貯めているというお母さんもいらっしゃると思いますが、逆に貯金ゼロ」という母子家庭も3割強いるというデータもあります

この貯金額の大きな原因は男性と女性では稼ぎが違うというのと子育てと仕事の両立の難しさにあると考えられます。シングルマザーの貧困問題が当たり前のようにメディアで取り上げられるようになった現代でもまだまだ改善されていないということになります。ただだからといって何もしないわけにもいきません。少ない収入の中で子供と自分のためにも貯金をしなければいけないのです。ではどのようにして貯金を貯めればいいのか。

もちろん収入などの状況によって貯金の方法や金額は変わってきます。実際に私がやっている貯金の方法を書いていきます。まずいきなり100万とか200万とかいう目標ではなく最初は10万円くらいを目標にします。10万円くらいであれば1年もあれば貯められる範囲内であり、あわよくば15万円20万円と貯められるかもしれません。この金額の設定の意味は「私にも貯金は出来る」という自己暗示も入っています。もし児童扶養手当を貰っているのであればそのお金は全て貯金をするという方法でも10万円を貯めることができます

現在の収入での貯金が難しい、毎月の貯金の金額を増やしたいという方はやはり収入そのものを増やすしかありません。現在の仕事の収入を増やすのは容易ではありませんし自分の意思や頑張りだけではどうしようもないことでもあります。

このブログを読んで頂いている方であれば何度も耳にしていると思いますがやはり副業が一番の近道だと思います。どんな副業でも構いません。まずは稼げる副業というよりもちゃんと続けられるように自分に合う副業を探すことから始める方がいいかと思います。お勧めの副業も下記の記事で紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です