【子供に悪影響!?】夜のお仕事「キャバクラ」で働くシングルマザー

投稿者: | 2017年6月26日

子育てで忙しいシングルマザーの女性の中には夜のお仕事をしている方もいらっしゃるでしょう。要するにキャバクラで働くということです。夜のお仕事に関しては色々な意見があるかと思いますが確かに短時間である高収入になるのは間違いがありませんのでキャバクラを選択するシングルマザーも少なくないのも納得ができます。今回はキャバクラで働くメリットとデメリットなども含めて書いていこうと思います。

まずメリットとして「学歴や職歴は関係ない」という点にあります。一般の企業であれば履歴書や職務経歴書の内容が大事となりますがキャバクラに関しては「コミュニケーション能力と容姿」が重要となってきます。逆に言えば人と話すのが苦手、嫌いという人はやめた方がいいでしょう。

次に注目すべき点は「すぐに働ける」ということ。お店によっては体験入店であれば当日から出来ることもあります。すぐにお金が必要という状況であっても他の仕事と比べてスピード感があるのは助かります。働くお店によっても違いますが日払いOKのお店も少なくありません

そして一番の注目ポイントでもある「高収入」という点。普通に働くよりも時給は高く「2,500円」くらいは期待できます。もちろん売り上げ等によってはもっと上を目指すことも可能です。

ただシングルマザーにとっては良いことばかりではありません。子育てをしながらの夜の仕事となると子供の生活リズムとは真逆になる可能性が大きく、子供に寂しい思いをさせてしまうのは間違いないでしょう。またすべての子供ではありませんが、お母さんとのコミュニケーション不足によって非行に走ってしまうケースもなくはありません

私の周りの友達でも子育てをしながらキャバクラで働いている子がいますが、その子曰く「キャバクラは当面の生活費稼ぎでしかない。ずっとできる仕事ではないから。」と。確かに歳を重ねると体力的にもキツくなってきます。あくまでも就活をするための資金集めと言っています。

彼女の話を聞いていて思ったのはキャバクラはキャバクラ嬢としての地位を築くというのではなく、次へのステップアップの準備として働くのであればいいのかなと思いました。ただ子供との時間が少なくなるのは間違いなく、できれば子供に寂しい思いをさせるのは短期間にするべきだと思いました。

決してキャバクラで働くのが悪いとは思いません。立派なサービス業だと思っています。ただシングルマザーの方がキャバクラで働くのであれば最大限に子供への配慮をして頂きたいと考えます。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です