【プラス?マイナス?】子供と元旦那の面会について

投稿者: | 2017年6月27日

子供がいる状態で離婚をした場合「元旦那と子供の面会」が通常であれば定期的に行われます。しかし面会の頻度や時間等はそれぞれ違ってきます。こればかりは普通はどのくらいの頻度で一度の面会は何時間というのが決まっておらず、明確に書くことはできません。参考までにまず私の家庭の面会について書いていきます。

私の息子と元旦那が面会をする時は3人で会うという約束をしています。もちろん息子が成長すれば話は別です。何人で会うかも家庭によって違ってきて、元旦那と息子が2人だけで会うという家庭ももちろんあります。

次に会う時間について。私の場合は基本的に3人で会うということもあって時間については特に決めていません。ただ大体3時間前後が多いかと思います。元旦那も子供のことを考えても長過ぎるのもどうかと思うし、そのくらいが丁度いいだろうと。離婚はしたものの子供のことを第一に考えてくれていてとても感謝しています。他の家庭では2人で会う、しかも泊まりでという家庭もあると聞いたことがあります。個人的にはそれはちょっと…と思ってしまいます。

あるカウンセラーの先生によると「基本的には元旦那と子供の面会は積極的に行った方がいい」といいます。それは「子供のとっての本当の父親はその人以外いない」という大前提があるからです。子供には「自分にはお父さんとお母さんがちゃんといる」という当たり前のことを感じさせてあげることが重要だと言っていました。

またもし元旦那と子供が2人で会うとなった場合であっても、お母さんは笑顔で気持ちよく送り出してあげることが重要だと言います。お父さんと会う時にお母さんが嫌な顔をしたら子供はどう思うと思いますか?お母さんに気を使ってお父さんと会いたいのに会いたくないなんて言い出したら、それこそ子供が可愛そうだと思います。

逆に子供が面会から返ってきた時も一緒です。笑顔で迎え入れるのはもちろんのこと、お父さんとの面会での会話などをあまり詮索しないようにしましょう。もし子供から色々と楽しかったことなどを話してきたらそれもちゃんと聞いてあげてください。

子供の成長には親の存在が重要なのは言うまでもありません。親の離婚は子供は関係ありません少しでも両親の存在を子供の伝えるために、離婚はしていても親同士が協力をすることが重要ではないでしょうか。面会も最初はギクシャクしたり、お互いの意見の食い違いが出てくるかもしれませんが、一般的には回数を重ねるごとに慣れてきます。子供のために、親が努力するのは当たり前です。現在、面会で悩まれている方もいるかと思いますが、親同士がしっかりと協力をして子供のことを第一に考えて解決していって頂ければと思います。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です