シングルマザー(母子家庭)への割引制度と減免について

投稿者: | 2017年5月19日

前回はシングルマザーに対しての公的支援についてお話をしました。その記事を読んでくれた主婦の友達から減免や割引制度についての話を聞いたので今回はその話をしたいと思います。

・所得税・住民税の減免
・国民年金、国民健康保険の免除
・交通機関割引
・粗大ごみ等処理手数料の減免制度
・上下水道の減免制度
・非課税貯蓄制度
・保育料の免除と減額
・福祉定期預金

知らない項目はありませんでしたか?私もその友達に聞くまでは聞いたことも無かった内容のものもありました。私が特に驚いたというか、かなり身近なものだなと思ったのが交通機関の割引です。公共交通機関には多くの優遇制度が設けられています。実際に利用する交通機関に問い合わせてみると詳しく教えてくれます。

また上下水道の減免も驚きました。

こうやって見てみると本当に色々な行政の支援があることが分かります。かなり簡単に書いていますが実際には「児童扶養手当を受けている世帯」のみなどの条件がありますので自分が住んでいる役所に行くか問い合わせるなどして確認をしてみて下さい。

現在母子家庭、父子家庭として生活を送っているのであれば条件さえ合えば色々な支援を受けることが可能です。もしかしたら支援を受けれるかも…と思っている方は是非一度問い合わせをしてみましょう。

ただもちろん収入を増やす」ことを目標に日頃から意識をすることが何よりの解決法だと私は思っています。支援を受けることが悪いというわけではありません。

その目標をしっかりと現実のモノにするためにも計画的に収入源を増やすことを推奨します。

色々な副業を紹介してきました。結局は何をやっても問題ないと思います。ご自身の性格にあった副業を選ぶということだけ気をつければ。そういえば箱根の旅でもかなりお世話になったポイントサイト。いくら分のポイントが貯まったか気にせずやっていたのですがかなりまとまった金額になっていました。最初は「ポイントサイト効率悪いかな」って思っていたのですがやっていたよかった。少しずつしか貯まらないのは間違いないんですけどね。笑

そういえば最初に紹介した主婦の友達も最近副業を始めたとのことでした。何を始めたかというと家事代行。その方は子供ももう小学校に上がっているので昼間は時間がかなり余っているということだったので私からこういう副業があるよというのは伝えていたのですが思った以上に行動が早くて驚きました。笑

元々掃除や料理が得意、好きな方なのでやりがいすら感じてると言っていました。むしろ自分で会社立ち上げてやれるのでは…とも言っていました。それもう副業じゃない。笑

話がそれてしまいましたが…支援を受けることはもちろん、同時に収入を増やす努力をすることも大切だと思います。その収入を増やす上でこのブログで紹介している副業の情報も参考にして頂けたら幸いです。

生活を支えるメインとなっている2つの副業をご紹介
シングルマザーとして生きるために不可欠となっている副業を紹介。空き時間にできる簡単なお仕事。
>>続きを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です